やさしい時間が流れてる

suyasuyako.exblog.jp ブログトップ

守ってくれたお雛様


真冬日が続き凍れています

帰宅した9時過ぎ 手袋を履いていても(北海道弁^^;)手が冷たく 耳も痛い

この冬一番の冷え込みに感じ

欠け始めていた皆既月食が神秘的でも

寒くて そのまま見続ける事はできませんでした



明日からは2月

節分飾りを下げたら いよいよお雛様を飾ります

嫁がせてばかりで 新しいのは手元に残っていないのですが…


d0334467_23400634.jpeg

準備中の雛たち

着物地がどれも魅力的!

早くお届けしたくて つい頑張ってしまい 少々寝不足です



ワクワクしている時に こんな記事を見ました

「 節句人形を飾るのは "子どもの成長を見守るもの"="子どものまだ未成熟な心身を守る"ためのものです。
子ども・おとなの定義ですが、私見では『小学校卒業くらいまで』が多いかと思います。」とあり

子供の成長を願って用意したお雛様は 大人になったら飾らない
『きちんと供養せずに処分すること』だけでなく
ずっと持っておくこと』もあまりよろしくないそうです



ワタシの7段飾りのお雛様

ずっと大切に飾りたいと思っていましたが

自分を守ってくれたことに感謝し 思い切らなくてはならないのでしょうか

そうわかっても 手放せないお雛様…







[PR]
by suyasuyako | 2018-01-31 22:50 | お雛さま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://suyasuyako.exblog.jp/tb/26398449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by senna at 2018-02-03 20:09 x
こんにちは。寒いですね。
お雛様の季節接近中ですね。

>『ずっと持っておくこと』・・・
きっと一理あるのだと思いますが、
持てるなら持っていて頂けるのが、
お雛様と、それを制作された方の
本当の気持ちと思います(*^▽^*)

そういいつつ、実家のお雛様は、実は、
当別へ、嫁ぐことになりましたm(_ _)m
Commented by suyasuyako at 2018-02-04 23:51
sennaさま

こんばんは。
立春といっても寒い毎日ですが、気持ちは少しずつ春に向いていますね。
いよいよお雛様の季節ですね。

ご実家のお雛様、当別へ嫁ぐのですね。
多くの方々に愛でて頂けるのは嬉しいですね。
我が家は、もう少し手元に置こうと思います。
いつか処分ではなく、嫁がせてあげられるといいのですが…
名前
URL
画像認証
削除用パスワード